AGAの名医|コンプレックスは排除するべき

男性

医薬品で薄毛予防

育毛剤

薄毛に効果がある

抜け毛を防ぎ、薄毛を改善する効果がある人気のアイテムが発毛剤です。発毛剤は医薬品に指定されているものが多く、発毛を促進する有効成分を配合しています。育毛剤のは新しく髪を増やすことはできないので、すでに薄毛になってしまっている人が使っても効果がない場合があります。それに対して発毛剤は毛母細胞の細胞分裂を促し、新しい髪を増やす効果があります。すでに髪が少なくなっていても、発毛剤を使用することで髪が増えてきて薄毛が目立たなくなります。発毛剤は薬剤師がいる薬局、インターネットの通販サイト、発毛クリニックなどで手に入ります。ネットなら高濃度に発毛促進成分を配合している発毛剤を、処方箋なしで簡単に購入できます。

発毛を促進する成分

発毛剤に配合されている成分に、フィナステリドやミノキシジルがあります。フィナステリドは飲み薬としても有名です。発毛を阻止する男性ホルモンの働きを抑え、男性型脱毛症の進行を止めることができます。ミノキシジルも発毛剤によく配合されているおなじみの発毛成分です。ミノキシジルは血圧降下剤として医療現場で使われていて、血管を広げる効果があります。血管が縮まっていると血液の流れが悪くなり、頭皮の栄養状態が悪くなります。そうすると細胞分裂が止まってしまいます。ミノキシジル入りの発毛剤を頭皮に塗れば、頭皮の毛細血管が広がり、血流が増加します。そして細胞が血液から栄養を吸い上げ、細胞分裂を起こして髪を増やします。