AGAの名医|コンプレックスは排除するべき

男の人

医薬品で薄毛予防

育毛剤

発毛剤はフィナステリドやミノキシジルなどの医薬品を配合している発毛効果が高いエッセンスです。フィナステリドには男性型脱毛症を予防する効果があり、ミノキシジルには血管を広げて毛母細胞に栄養を届ける効果があります。

読んでみよう

体の中から発毛を考える

錠剤

育毛には、外側からだけでなく、体の中からのアプローチが必要です。育毛サプリメントを継続的に摂取することで、発毛環境を整え、良い髪の毛の土台を作ることができます。また、育毛剤との併用で、それぞれの効果が十分に発揮されます。

読んでみよう

認められている薬です

髪の毛

妊婦は触れてはいけない

プロペシアは男性専用のAGA治療薬ですので、女性が飲んでも効果を得ることができません。また、妊娠中や授乳中の女性が飲むことは避ける必要があり、万が一服用してしまったときには、男子胎児の生殖器官の発達について何らかの異常が現れる可能性があります。名古屋のAGAクリニックでプロペシアを購入できますが、服用するときには錠剤をそのままの形で飲むことが大切です。錠剤を割ることは認められておらず、割ってしまってから妊婦が触れたときには、体内に有効成分が吸収される恐れがあります。妊婦の体にプロペシアの成分が吸収されると、胎児に影響が出ることが考えられますので、男性がAGA治療のためにプロペシアを飲むときには、女性の手の届かないところに保管しておいて、すぐに飲んでしまうことが重要です。名古屋のAGAクリニックであれば、プロペシアの取扱方法についてカウンセリングを受けることができます。

アメリカで作られた薬

プロペシアとはアメリカの製薬メーカーが開発した、男性ホルモンの生成を抑制する薄毛治療薬です。アメリカ食品医薬品局の認可を受けている薬で、日本でも厚生労働省の認可を受けていることで病院で処方が行われています。主に薄毛治療を専門的に行っているクリニックで処方を受けることが可能ですので、中部地方に住んでいる人の場合には、名古屋のクリニックに通うことが多くなると言えます。名古屋にあるAGA治療をしているクリニックで、プロペシアの処方を受けられますので、薄毛で悩んでいる人は専門病院で検査を受けることがおすすめです。男性ホルモンが原因で引き起こされる薄毛にだけ効果のある治療薬ですので、女性が服用することは禁止されています。

髪の毛を植え付けよう

困る男性

大阪でハゲを改善したいときは植毛がおすすめです。これは人工の毛を受ける作業で、好きなだけ髪の毛を植毛できるメリットがあります。自分の後頭部の髪の毛を移植する自毛植毛もあって、定着率が高くコストも安いです。

読んでみよう